1月23日(火)~7月31日(水) エントリー
8月1日(木)~8月31日(土) 作品提出
9月 一次審査
10月 二次審査
11月23日(土・祝) 公開審査



三澤 文子
(Ms建築設計事務所 代表)
・一般社団法人住宅医協会 代表理事
・岐阜県立森林文化アカデミー客員教授
神家 昭雄
(神家昭雄建築研究室 代表)
・第1回JIA中国建築大賞/住宅部門
・第1回吉田桂二賞 他多数受賞
吉井 歳晴
(WIZ/WIZ ARCHITECTS 代表)
・第1回兵庫くすのき建築文化賞 他多数受賞
・大阪公立大学 関西大学他 非常勤講師



■応募条件
地域産木材を使用し、木造または木質化を施した新築または改修(リフォーム・リノベーション)した建築物で、下記①②のいずれかを満たす物件が対象です。
①兵庫県産木材を使用した、兵庫県内および兵庫隣県に建っている実物件
②他県産の国産木材を使用した、兵庫県内に建っている実物件
※対称の用途は住宅及び非住宅(モデル住宅・公共施設・店舗等を含む)。

  • 木の良さを活かすための工夫や知恵が盛り込まれたものであること
  • 2024年7月末までに竣工する物件とする
    ※築年数等は問いません。
    ※設計のみの物件は対象外とします。
  • 本コンテストへの応募について、建築所有者の了解が得られること
    ※上位に選ばれた場合には、住宅の写真や間取り図等が公表されることを含む。
以上のデータを作品応募期限内にご提出ください。なお、応募に係る費用は応募者負担とし、提出データは返却致しませんのでご了承下さい。また、審査の公平を期すため、作品データ内に応募者が特定できる情報の記載はご遠慮ください。(社名、屋号、ロゴ、個人名、建築場所等)

■応募資格
ハウスメーカー、工務店、設計事務所、大工など
※事業所所在地は、県内外を問いません。

■応募費用
1作品目 ¥10,000-
2作品目以降(1作品につき) ¥5,000-
※エントリーいただいた方に別途ご請求いたします。

■スケジュール
エントリー :2024年1月23日(火)~2024年7月31日(水)
作品提出  :2024年8月1日(木)~2024年8月31日(土)
一次審査  :2024年9月
二次審査  :2024年10月
公開審査  :2024年11月23日(土・祝)13:30~

■作品応募
  1. 作品データ(A3横使い×2枚)
    作品タイトル 、物件内容(設計趣旨、配置・平面・立面・断面図、外観写真、使用 した木材と産地との関係性など)を含むもの
    ※図面縮尺は自由
  2. 図面集(A3横使いPDFデータ)
    平面図、立面図、矩計図、その他設計意図を表現するスケッチや 図表・詳細図など
    ※表紙は必要ありません
  3. 写真集(A3横使いPDFデータ)
    パース、模型写真も可 A3横使いであれば書式は自由 (1ページに複数枚の貼り付けも可)
    ※表紙は必要ありません
  4. 作品データについての注意事項
    データ容量10MBを超える場合は、データ便等で送付してください。PDFデータは必ず画面の拡大・縮小を行っても文字データが読める形式で作製してください。
    ※写真等の解像度は推奨350dpi

■審査方法

  1. 一次審査:審査員による厳正な審査を行い、上位作品及び奨励賞作品を選出します。
  2. 二次審査:審査員による現地審査※になります。
    ※現地審査は新型感染症対策を十分に行い、状況を判断して実施予定です。やむを得ず中止する可能性もございます。
  3. 三次審査:イベント会場にて上位作品による公開プレゼン、及び審査員による質疑を実施します。プレゼンの後、作品の講評を行い、公開審査を実施します。
  4. 表彰:各賞代表者による賞状授与を行います。奨励賞及び、特別賞※の授与も実施します。
※特別賞の審査方法
 特別賞(アンバサダー賞):地域材アンバサダーによる事前投票で、全作品から1作品を選出。
 特別賞(木の匠賞):ひょうご木の匠の会(兵庫県の工務店団体)による事前投票で、全作品から1作品を選出。

■審査項目
  • 地域産木材を使用し、産地との関係などが工夫されたもの
  • 木材の利用を進める構法、新たな用途への工夫がされたもの
  • 居住性やデザイン性を高めるための工夫がされたもの
  • その他、環境保全や街並み形成への工夫がされたもの

■受賞等
  • 最優秀賞(兵庫県知事賞)
  • 優秀賞(兵庫県木材業協同組合連合会会長賞)
  • 優秀賞(ひょうご木のすまい会長賞)
  • 入賞
  • その他特別賞等
〈主催〉ひょうご木のすまい協議会
〈共催〉ひょうご木づかい王国学校
〈協賛〉ひょうご木の匠の会
〈後援〉兵庫県
    兵庫県木材業協同組合連合会
    神戸新聞社

    必須応募方法

    必須お名前(アンバサダーはニックネームも可)

    任意会社名(コンテストの方は必ず記入)

    必須メールアドレス
    (携帯電話のアドレスをご利用の方は、info@tiikizai-hyogo.jpの受信許可設定をお願いします。)

    任意自由記入欄


     Share 
    木が好きな人と「シェア」でつながろう!
    「#地域材アンバサダー」で投稿しよう!



    『地域材利活用建築デザインコンテスト』では、作り手(建築屋さん)とアンバサダー(応援者さん)を募集しています。作り手が建築という形で地域材の活用を行い、アンバサダーが感じたコトをシェアして、『木が好き』という気持ちがつながっていくことで、地域産木材の新たな活用事例を生み出す力とそれをたくさんの方に伝える力になると信じています。
    作り手(建築屋さん):建築に木を使い、想いを込めて、仕上げる建築屋さん。地域産木材を活かす為、新たな地域産木材の利活用を生み出している建築大好き集団。
    アンバサダー(応援者さん):木が好きな人や地域材の利活用を応援している人。情報発信で地域材の良さや想いを伝えていく、そして木が好きな人を巻き込んだ大きな輪をつくっていく人達。

    兵庫県は唯一2つの海に面している県です。その間には広大な山林があります。それでも兵庫県は林業が盛んな地域ではありませんでした。合わせて、隣県に木材の生産地もあり、地域産木材として、その多くは活用されていませんでした。

    兵庫県でも山の手入れを促進するために、山の木を製材する設備を整え、兵庫県産木材と銘打ち、協力して建築に活用する地域工務店を募りました。

    そして行政と金融機関が協力して自治体提携ローン(兵庫県産木材利用木造住宅特別融資制度)を創設し、住宅を始め、地域産木材が建築に使われるようになりました。

    ですが、地域の方々には、建築を始め様々なことに兵庫県産木材が使えることが知られていない実態も新たに見えてきました。

    そこで兵庫県の木を使うことを知ってほしい、この想いが兵庫県以外の都道府県にも広がってほしいと考え、兵庫県産木材ではなく、『地域材』という言葉を銘打ち、2020年に『地域材利活用建築デザインコンテストin兵庫』を開催いたしました。

    2020年の初開催では、自分たちの身近にある山の木で建てられた、素敵な建築事例をたくさん知ることができました。今年も素敵な建築事例をたくさんの方にお届けさせていただきます。

    過去のコンテスト結果
    第1回『地域材利活用建築デザインコンテストin兵庫2020』
    第2回『地域材利活用建築デザインコンテストin兵庫2021』
    第3回『地域材利活用建築デザインコンテストin兵庫2022』
    第4回『地域材利活用建築デザインコンテストin兵庫2023』

    コンテストの参加方法は2つあります。
     
    ◎作り手(建築屋さん)
    1. 申し込みフォームからエントリーする。
    2. 事務局あてに作品を応募する。
      【詳しくはこちら】

    ◎アンバサダー(応援者さん)
    1. 申し込みフォームから、応援メッセージを投稿。
    2. 日々の暮らしの中にある”木”を見つけたら、SNSで『#地域材アンバサダー』をつけて投稿する。
      【詳しくはこちら】

    地域材コンテストを一緒に盛り上げてくれる仲間を大募集

    木が好き、兵庫が好き、建築が好き、キャンプが好き、もっと木を知りたい、そんなみなさんのご参加を心よりお待ちしています!

    ■アンバサダーだけの特典
    ・エントリー作品をすべて見る事ができる!!
    (1次審査までにいち早く見られます。エントリーの方は公開審査後。 ※一般の方は見られません。)
    ・アンバサダー賞を選べる!!
    (あなたの1票でアンバサダー賞が決まります。あなたの作品への感想が、エントリーの方の励みとなります。)

    【地域材アンバサダーからのメッセージ】
    (公益社団法人)ひょうご農林機構 専務理事
    塩谷 嘉宏様
    「木をつかう」ってどういうことだろう。理屈じゃあなくて好きだから?使っていて好きになった? みなさんは何が好きですか?コンクリートですか。それとも・・・・・。私の家には少しだけ木があります。山で木を育てている人、加工している人、そしてそれを形にする人、森の恵みをうける人。木の家の向こうにみんなの幸せがあります。県民の幸せを考えてくれる仲間を応援します。
    兵庫県農政企画局 総務課
    和田 佳子様
    今日の塩谷さんは完全にオフモードですね。。笑 本来なら、森林には公益的機能があり、木材を利用することで、、うんたら、、かんたら、、というところですが(^^;でも、これでいいんです。なんとなく、木っていいなと知ってもらうことが、私たちの仕事です。県民の皆様、このコンテストを通じて、ぜひ木を好きになってください!
    西播磨県民局 光都農林振興事務所 副所長
    山崎 寛様
    僕の子供は『木が大好き』です。今日も、ヒノキのフローリングに笑顔でころころ転がってます。子供の幸せは私の幸せ。ヒノキの香りに包まれながら、木を育て、伐って、建てていただいた皆さんからつながる幸せに感謝です!だからこそ木の家、お薦めします!!
    年輪に 幸せ願う おもてなし
    兵庫県木材業協同組合連合会
    会長 野村 俊彰
    株式会社新建新聞社
    代表取締役社長 三浦 祐成様
    当社・新建新聞社が発行する工務店向け専門紙「新建ハウジング」では、創刊当初から地域材を利活用する家づくりを取り上げ「推して」きました。地域材を利活用すればするほど、地域の森と林業が健全になり、地域経済が元気になり、脱炭素にも貢献します。「ウッドショック」が続くいま、こうした地域材のメリットを改めて見直すべきときですし、ウッドショックを追い風にこのコンテストを通じて一般の生活者への地域材と森、林業への関心が広がればと思います。また単純に、木を生かした魅力的で機能的な住宅・建築事例が集まりそれを学び合うことで、木造の可能性が広がることを期待しています。
    地球の会 NPO法人環境共棲住宅
    理事 事務局長 佐藤 善秀様
    地域の様々な人たちのために、ぜひ頑張ってください。
    OMソーラー株式会社
    代表取締役 飯田 祥久様
    当社は自然エネルギーを活用した空調設備メーカーです。 地域工務店こそが住宅建築を担う主役と考え事業を展開しています。 自然エネルギーが地産地消の資源であるように、その地域の資源である山の木を有効に活用することはとても大事なこと。 兵庫の豊かな自然が魅力ある建築に生かされることを応援しています!
    株式会社タニタハウジングウエア
    代表取締役 谷田 泰様
    木も好きですが、雨や金属も好きです。
    株式会社くず不動産
    代表取締役 鈴木 昌司様
    素晴らしいコンテストですね。この取り組みを通じて、地域の木材がたっぷりと活用された素敵な街並みができることでしょう。ワクワクしながら応援しています。
    相羽建設株式会社
    代表取締役 相羽 健太郎様
    木材利用であり、木造は素晴らしい地域循環の営みであると考えます。本活動であり、コンテストの機会が多くの地域に広がり、多くの人の知る地域活動になることを大いに期待しています!
    株式会社建築工房零
    代表取締役 小野 幸助様
    地域の木材を魅力的に使う建築は、建築人にとってもはや使命だと思います。「地域の木を使うことによる森林など環境への貢献」「地域の木材業界を支える社会的貢献」「地域の木材を利用することによる快適な住空間創造での住まい手への貢献」...
    それらの先駆的な取り組みにスポットライトを当てる社会的意義の大きい素晴らしい取り組みだと思います。
    一級建築士事務所 げげ
    代表 金谷 尚大様
    日本人にとって「木」は、身近で親しみやすい素材です。世の中、たくさんの素材がありますが、木材は、強く、うつくしく、あたたかい。日本で建築や家具をつくるのに適しています。地域の木材に愛着を持つ人が増えてくれることを期待しています。そして、僕たちのふるさとの経済や環境が、もっとよくなることを祈っています。
    株式会社M's構造設計・構造塾
    代表取締役 佐藤 実様
    木造住宅の構造設計と耐震性能の重要性を普及させる活動をしています。森林大国日本のとって、地域材利活用はとても重要なこと!応援しています!!
    特定非営利活動法人茅葺座 理事長
    (元神戸市広報戦略部PRプランナー)
    大橋 秀平様
    国立競技場に日本全国の木材が使われたという話が記憶に新しいですが、より身近なところで地元の木材が利活用されていくことは、とても意義深く感じます。地に広く深く根をはる大木のように、本コンテストが大きく盛り上がることを祈って応援しています!
    ラジオ関西
    ラジオ関西 広報担当様
    兵庫県産材を使うことでひょうごの森を自然を改めて身近に感じることができます。木は森となり、森は川を下り、海をも育みます。 またそのすべてがあるのが兵庫県でもあります。ぜひ老若男女問わず、ひょうごの木材について知り 、少しでも身近に感じることができる活動をラジオ放送やSNSを通じて発信していきたいと思います。
    • 佐藤 ちえ様
      シェアしたくなるようなカッコイイ建築を、拝見できるのを楽しみにしてます!自らの家づくり、地域の森へと興味が深まっていく人が増えることを願ってます。
    • 藤原 義典様
      薪ストーブのある暮らしを実践中。
    • 山本 太郎様
      屋久島でも、林業から製品化までを頑張ってるところです。兵庫県で生まれ育ったものとして、地元県も応援したいです。よろしくお願いしますm(_ _)m
    • ここいろ株式会社 はまちゃん様
      地域の木材を沢山使って、環境・社会・経済によい、持続可能な家作りを頑張ってください。
    • 智子様
      家にいる時間が増え、木の家を建てたくなりました。素敵な写真に癒されます。
    • なかつん様
      ウッドショックを機会に、国産材に興味を持つ方や、一層まじめに向き合って下さる方が増えると良いな、と思っております。同時に、山に携わる方にも、ただ伐ることだけではなく、未来の森をデザインする仕事へのワクワク感や、夢を持てるようになると良いなと願っています。そういうことにお役に立てれば嬉しい限りです。
    • 株式会社ブレーメン BMM様
      コンテストとても期待してます!微力ながら応援いたします!
    • 三祐木材株式会社 三浦 祐生様
      本活動の趣旨に賛同します!住まい手にも、地域にも、地球環境にも貢献する木材を、もっともっと多くの方に触れて頂き、持続可能な、より良い社会になっていくことを望んでいます。応援しています!
    • 松下木材株式会社 松下 哲也様
      地域材を活用した木材利用の建築デザインコンテスト。素晴らしい取り組みですね!素敵な作品が集まることを楽しみにしています。ワクワクしながら応援していますー?
    • 大松建設株式会社 松本 守平様
      ほんものの「木」を使った心地いい空間と、暖かで優しい木の家から生まれる穏やかな暮らしを、これからも作っていけたらと思います。応援しています。
    • 神戸R不動産 小泉 寛明様
      趣のある古い家に新しい使い手を見つけることばかりに興味を持っていましたが、最近は古い家にこだわらず地域の材を使う新しい木の家づくりという考えかたにとても興味を持っております。応援しております!
    • 山中 大輔様
      素晴らしい活動です!コンテストを通じて、木の家の良さ、地域で取れた木材を使う事の意味が伝わっていって欲しいですね!
    • 株式会社総合建築植田 植田 俊司様
      地域材を使って家を建てる。住む人に・造る職人に・生産する山にとっても良いことしかない。ウッドショックが国産材を見直すいいきっかけになり、地域材を近県地域ででうまく循環させ、同時に山の植林や伐採計画~流通までトータルで考えられる世の中に変わっていく事を強く願います。このコンテストも素晴らしい取り組みだと思います。もっと地域材を使ってみようという動きに繋がることは間違いなし、どんな建築が見られのか楽しみにしています。
    • カチートファニチャー 綿貫 カンナ様
      素晴らしいコンテスト、応援しています!兵庫県の木材がますます活用され、木の家に住まれる方にとっても、森林にかかわる方にとっても、自然環境にとっても、より良い未来となりますように。
    • 株式会社戎工務店 戎 健太郎様
      昨年は過分な賞をいただきありがとうございました。本年はエントリーできず大変残念ですが、リノベーション案件が複数件進行中ですので、また是非来年エントリーさせていただきたいと思っています。地産地消やローカルエコノミーは理想的な循環型社会ですので、引き続き木の住まいの素晴らしさをより広く伝えて参ります。
    • 株式会社藏家 居藏 宏幸様
      国産材がもっと普及して、日本の林業ももっと活性化して外国の材を買わなくても国産材で地域工務店が建てていってほしいですね^^ 微力ながら応援しています♪
    • 焼鳥太田屋 太田 隆明様
      神戸在住です。生まれ育った街でみんなでハッピーになりたい。地産地消からまず始めるべきと考えてます。なんとなく木はどこでも使われてて、産地も気にしないくらいの存在でした。兵庫県に生えてる木がもっとたくさんの人に認知してもらえるように、この活動を応援したいと思います。
    • 河合 貴則様
      仕事上、林業の川上に携わることが多いですが、もっと消費者に地域の木材を使って欲しい、消費して欲しいです。そうして林業を循環させて、消費者を含んだ川上から川下まで関わる人々たちを繋げれたらと思います。身内だけでなく、あまり地域の木材に普段興味のない人が「あ、これええやん?」って思えるような、振り向いてもらえるような作品に出会えればなと思います。楽しみです。
    • 兵庫林業会議 すがけん様
      私の仕事机の後ろの壁は、一面スギのCLTの壁です。夏は涼しく冬は暖か、仕事も捗ります。毎日、木の良さ温かさを感じさせてもらい、とてもありがたく感謝しております。(しっかり仕事せいよ!の声も)
    • 森のくま3様
      木が地球の未来を左右する
    • ゆきモフ様
      森林大学校5期生です。林業を学ぶ中で木材を使った建築コンテストが開催されると知って非常に嬉しいです。素人目でもデザインや住みやすさ等こだわられてて凄いなと感じました。山で伐採された木が大切に使われるようになると良いなと思います。
    • 株式会社木原木材店 円柱材マイスター様
      兵庫県で丸い木材を加工している木材店の店主です。四角い木材の最高の有効利用である建築への使用を応援しています。時には丸い木材もよろしく!
    • 株式会社宮下木材 濱田 健太様
      素晴らしい作品の数々で見ていて楽しめます。
    • 岡田 陽様
      このコンテストは、木造建築の可能性や地域材の魅力について知れるきっかけとなる、素晴らしい取り組みだと思います。 使う側として、地域に住む人間として、地域に貢献できることは何かをこれからも考えて行きたいと思います。 !!!応援してます!!!
    • 鞆總 竜也様
      木が好きで、木で出来た製品が特に好きです。ひょうご木材フェアが大好きで、檜で出来た製品をたくさん購入しました。
    • ちい様
    • 兵庫県庁 高橋 徹様
    • Photo Office Kong 出合 浩介様
      木の家に住む、そんな当たり前が、当たり前であるために取り組みをなされている皆さんを素晴らしいとおもいます。森と人、木材と人が健全な距離感で繋がれる、そんな時代を次の世代に引き継いで行って下さい。
    • ラジオ関西パーソナリティ 久米村 直子様
      小さい頃から木の温もりが大好きでした。アメリカでの学生時代は 森の木に癒され、慰めてもらったりしていました。ラジオ関西でのお仕事で、木材フェアに参加させて頂いた事で 山の木々は人間が手を加える事で大きく育つことを知りました。愛情を持って木を伐採し、伐採した気が家になって暮らしを、家族を守ってくれる!素敵なサイクルを皆んなで続けられたら素敵!そう思いながら未来の兵庫県、日本、地球を描くと皆んな笑顔になる!って思える…でしょう?
    • ふね様
      私は九州在住でこれから家を建てる一施主です。ウッドショックで国産の需要が高まっているこの流れを絶やさず、地産地消できる仕組みが出来れば良いと願います。木造住宅建てるなら大量の木材を使うことになりますので『その木はどこで育った木なのか』調べてみるのも面白いと思いますよ。国産材使いますか?外材使いますか?
    • プルデンシャル生命保険株式会社 神戸第三支社 営業所長 角岡 正章様
      豊岡市出石町という山に囲まれた田舎で育ちました。木の温もり匂い、夏は涼しく冬は暖かい。そんな木の良さをこれからも次の世代にもつなげる。そんな活動を応援します!
    • 田中 宏明様
      私は「木」が好きです。「自然」が大好きです。普段は山を走ったり、釣りをしたり、家族でキャンプに行って、自然の中で楽ませてもらってます。地域の木材を使って、素敵なお家を建てる。しかも、自然のためになる。素晴らしい取り組みですよね。応援しています!!
    • 棚橋 順一様
    • 積 真輝様
      兵庫県産木材を使用した住宅を提案していただき住んでいます。杉や檜の木目が一つ一つ違い、その木々が床や天井に使用され、決して飽きる事のない木の魅力の虜になっています!この兵庫県の木材の良さを伝えていける活動を応援したいと思っています!
    • 小野寺 智子様
      木ならではの魅力を活かした、素敵な作品を拝見できることを楽しみにしています。
    • 鮫島 大樹様
      素晴らしい取り組みだと思います!
    • KOBE Ginnan屋 船谷 華代様
      やはり『木』そのものが持つ質感、匂い、美しさ、温かさに勝るものはないと思います。魅力はたくさんあるのに、実際に住む方にしか分からない部分もあるというのは本当にもったいない話ですもんね。木の魅力をもっとたくさんの方に知ってもらいたい!という貴重な取り組みは、素晴らしいと思います。微力ではありますが、是非、応援させてい頂きます。
    • さとのわ 楽校 佐藤 正彰様
      オルタナティブスクールを神戸西区で開催してます。先日子供たちと自分達の勉強スペースをDIYしました。古民家の畳を六甲山の杉板に張替えました。寒くなってきても床の温もりを感じて、木の良さを改めて感じております。地産地消を衣食住で出来ること大変素晴らしいと思います。コンテストも楽しみにしております。
    • 岩本 健吾様
      木が大好きな、無垢材の家に住んでいる施主です。素晴らしい取り組みですよね。応援しています。
    • 香園 尚明様
      兵庫県産木材を使用し、後世に残る木造建築が生まれることが嬉しいです。素晴らしい作品を楽しみにしています!
    • Design Initiative 藤田 裕輔様
      祖父母の家が自然に囲まれたとても綺麗な島で昔から大きな木を見るのが好きでした。そんな木材を最大限に活かして家を作る。さらに兵庫県はもちろん県外にも発信していき、いろんな方に木材の素晴らしさ知ってもらう。ここから大きな大木へと育っていくこの活動を僕は心から応援します!!
    • okwood様
      杉、桧は土砂災害の原因になってしまいますので杉、桧の植林には反対ですが、植えてしまった分は手間と長い時間と莫大な費用がかかっていますので適切に活用しなければならないと思っています。バイオマス発電で膨大な量の杉材をチップにして一瞬で燃やしてしまうのは適切な活用方法ではありません。こちらのコンテストを応援致します。
    • 木匠和水建築 廣島 秀明様
    • 多可桧屋 太田 亨様
      兵庫県産材の活用がこれからの山や川、海にとってすごく大事になるのでこのコンテストを通じて 皆さんが興味を持って頂きたいと思います。
    • 柴田 亮様
      木材の建物はとても美しさを感じます。自然な木の香りなどとても心地よさもあると思います。地域の木材を活用して新たな建物が建っていくことは素晴らしいと思いますし、オシャレなデザインの建物が増えることがとても楽しみです。 もっとこのような活動が広まって欲しいなと思いましたので、応援させていただきます。
    • 松下 和敬様
      昨年の第一回コンテストも視聴しました。どの作品も木材の良さが存分に発揮され、こんな建物で過ごしたいなと思える作品ばかりでした! 今年のコンテストも楽しみにしております!
    • 兵庫県立森林大学校 兼光 英喜様
      5年程前に県庁林務課に3年間在籍し、「兵庫県県産木材の利用促進に関する条例」に基づく「県産木材の利用促進等に関する指針」の策定や、県産木材の利用に係る普及啓発などを担当しておりました。私にとってあまり関わりが少なかった木材について業務を通じて学ぶことで、木材利用の意義や木材そのものの良さを知ることとなり、木材のことが大好きになりました。その後異動し、現在は県立森林大学校で事業者向けや一般県民向け、市町職員向けの様々な研修を主催しています。木材についての理解が深まるような研修も企画しますので、是非ご参加して下さいね。
    • 近谷 有希様
    • 白川 憂依様
    • 太田 充彦様
      杉の木の家に住んではや5年が経ちました。家が窮屈じゃないんです。家が広いわけでなく、家の中が自然なんです。慣れてしまってわからないのですが、お客様が来られると皆さんが木のいい香りがしますねと言ってくれます。あぁ、毎日自然の中にいるんだなぁって、素敵なことですよね。木材が身の回りに普通にある暮らしって大事だと思います。環境にも大切だし、ヒトの生活に一息つかせてくれる、そんな活動をなさっている皆様に感謝します。
    • ユダ木工株式会社様
      広島で国産材を活用した高気密高断熱の木製玄関ドアを製造している会社です。以前は外国の木材100%でしたが、2011年の第1号国産材桧ドアの販売開始で徐々に国産材の比率が増え2019年には使用木材の98%を国産材にしました。環境問題のためにと始めた取り組みが、会社にとってもプラスになりました。コストアップはあったものの、それ以上に得られるものは大きく、まさに「Well-being」。SDGsの理念も合致しています。これからも木材を取り扱う会社として社員全体でできることを考え、取り組みます。各地域で当会の様な取り組みが広がることを切に願っています。
    • アルス株式会社 高橋 風人様
      山形県で木製サッシの製造販売しているアルス株式会社です。日本は森林国で、国産材、地域材の活用が大切です。弊社はまだ外材の割合が多いですが、これから国産材を割合を増やしていく予定です。この取組みは素晴らしいと思います。全国に広がって欲しいと思っています。
    • 高橋 剛志様
      地域材の新たな価値創造の形が見られるのは素晴らしい事ですね。
    • ゆたかよ様
    • 株式会社JoaGOLF 橋口 杏様
    • ケン坊様
    • 平山 拓也様
    • 姫井 一也様
    • 浄法寺 亘様
      日本の山、地域産材への想いに共感致しました!応援しております。
    • うかいだ様
    • 有限会社ダシンビルド 清水 一人様
    • BON様
    • 清水建設株式会社 加地 則之様
      自宅を木造で作って木の建築に興味を持ちました。
    • 一般社団法人 コミュニティービルダー協会 浄法寺 亘様
      日本の山、地域産材への想いに共感致しました!応援しております。
    • 株式会社博展 マキ様
      この企画に出会い、兵庫について地域産木材について恥ずかしながら初めて興味を持ちました!まだ、興味を持ち始めた段階ではありますがこのコンペを応援しながらもっともっと知って何か汎用できないかさぐりたい!!コンペ楽しみです!
    • 's株式会社(東北大学大学院工学研究科D1) 多田 純子様
      私は、兵庫県宍粟市山崎町出身の祖父母の影響で兵庫県の山や川で遊ぶ中で森林の豊かさを知り、国産材の重要性に興味を持ちました。昨年は「パンデミックによるウッドショック」を研究し、先行研究より国産材の木材調達の課題を明らかにしました。また、2022年に中小工務店の木材調達にどのような影響があったのかについて、関係者の記憶が鮮明な現時点で調査研究として記録に残しました。『地域材利活用建築デザインコンテストin兵庫』の開催を通じて多くの方に国産材の地域木材活用を広めたいと思いアンバサダーに参加します。そして、課題である国産材の安定供給を実現し、持続可能な森林資源利用に貢献することを期待しています。
    • HALO木構室 高見 和人様
      良質な地元ひょうごの木を使うことで、触れる人も住む人も、山も経済もみんな元気に笑顔になる。このコンテストを通じて良い循環が広がっていけばいいなと、ささやかながら応援しています。


    プライバシーポリシーを見るひょうご木のすまい協議会は個人情報保護が重要であると考え、現時点において求められる水準に従い、個人情報の安全な保護、利用目的の明確化、ならびに正確な情報を確保することに努めます。さらにお客様からいただきました情報につきまして、以下に掲げる方針の下において、その取り扱いにつき万全を期たします。

    1.個人情報の収集について
    ひょうご木のすまい協議会では、お客様の個人情報等を収集する際において、その利用の目的・方法などをあらかじめお客様にお知らせし、適切な範囲内で情報を収集・利用させていただく場合があります。その場合の利用目的は、原則として以下のことをいいます。
    ・新築業務、リフォーム業務の範囲
    ・イベントやインターネット等で情報を収得した場合
    ・各種マーケティング資料
    ・営業活動(電話、電子メール、訪問等)の資料
    ・その他

    2.個人情報の利用について
    ひょうご木のすまい協議会ではお客様の個人情報等を、お客様に明示した目的以外で利用いたしません。なお、お客様個人の情報が特定できないよう十分なデータの加工を施し、ウェブサイト(ホームページ)に本データを掲載させていただく場合がございます。個人情報の取り扱いを外部の法人等に委託する場合には、当該法人等につき厳格な調査を行なったうえ、秘密を保持させるために、適正な監督を行います。

    3.個人情報の第三者への非開示について ひょうご木のすまい協議会では、法令に基づき当局より開示を命じられた場合等、および特別な事情のない限り、お客様の同意なくしては、お客様の個人情報を、第三者に開示いたしません。

    4.個人情報の管理について
    ひょうご木のすまい協議会では、お客様にご登録いただきました個人情報等を、その利用目的に応じて適切に管理いたします。このため、お客様の個人情報への不正アクセス、また、個人情報の紛失、破壊、改竄、漏洩等の防止に努め、個人情報保護システムの構築に努めます。

    5.個人情報の削除・訂正について
    ひょうご木のすまい協議会が管理するお客様ご自身の個人情報に誤りがあり、お客様からひょうご木のすまい協議会に訂正または削除のお申し出があった場合は、お客様ご本人であることを確認した後、適切に対応いたします。

    6.取り扱いの見直し・改善
    ひょうご木のすまい協議会は、個人情報保護に関する法令を遵守するとともに、環境の変化に合わせ、その取り扱いにつき適宜その見直しと改善に努めます。
    【地域材利活用建築デザインコンテストin兵庫】運営事務局
     運営:ひょうご木のすまい協議会
     〒671-2533
     兵庫県宍粟市山崎町須賀沢809番地の1
     アット・リンクス(株)内
     TEL:0790-64-0150
     メール:info@tiikizai-hyogo.jp
     https://www.hyogo-kinosumai.com/



    Powered by ひょうご木のすまい協議会